ダイビング・ログ

ダイビング・ログ

やっぱり四国が好き♪

BSてんちょーです。

今年も開催予定の四国柏島ツアーの募集開始を目前に、
今までの柏島で撮影してきた写真整理をしてみました。
うん。
やっぱり、四国柏島ってすごいんだなと。
あまり表に出さないてんちょー撮影の写真も交え、ちょっとだけ…
…いや、がっちり紹介しようと思います。

まず、『柏島』ってどこよ??から。
四国柏島ダイビングツアーは魅力がいっぱい
↑ここです。
…この地図じゃ、さっぱりですね。
四国柏島ダイビングツアーは魅力がいっぱい
四国のココ、一番左下の端っこです。
もう少し広げると…
四国柏島ダイビングツアーは魅力がいっぱい
東京からの距離でこんな感じです。
東京ー沖縄間の半分くらい。
こんな所です。

沖縄までの空路が2時間半くらい。
四国松山空港までが1時間20分くらいなので、だいぶ近い。
でも、そこから南へ約180km陸路をひた走ります。
関東でいうと、東京から下田くらい。
結構な長距離移動です。
こんな場所だからこそ、黒潮の影響を受け、豊かな生態系を持っています。

西側が海なので、
四国柏島ダイビングツアーは魅力がいっぱい
夕暮れ時がめっちゃキレいです♪
さて、ブルーサブは『ダイビング屋』ですから!
大事なのは水中です。
いつもいつもてんちょーが言っている、
はぜ〜ハゼ〜Haze〜…
今までに撮ってきたハゼをご紹介!
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
伊豆で『普通種』のガラスハゼも、じっくり撮影タイムが取れるから、自分だけのこだわりの撮り方ができちゃいます♪

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
伊豆で出現するとちょっと嬉しいハタタテハゼ。
柏島にはゴッソリいるので、いろんな撮り方ができる!
自分だけの被写体にできるから、気兼ねなく「振り向きざま!」を狙えます。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
伊豆でもちょいちょい発見される『オキナワベニハゼ』。
さかさまに張り付いてるシャイボーイ。
お目目のガラスまでキレイに撮れるとガッツポーズです。

さぁ、ここから少しずつレア度が上がっていきます。
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ネジリンボウ。
フワッと浮いて中性浮力でいる所、ヒレ前回を狙いたい。
ペアで撮れたりすると、より優越感♪

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ヒレナガネジリンボウ。
ネジリンボウに比べてぴょーいってなっててカワイイ。
ヒレの色で雌雄判別できないのがタマにキズ。
この時は共生エビもご一緒に激写!
紅白で縁起良い♪

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ヤシャハゼ。
伊豆大島でも目撃例があるけど、柏島では結構普通種。
飛んで無いので個人的には許せない。
今年こそ!(←仕事を忘れさせるニクいヤツ)
そして、今だに上手に撮れていないのがネジリンボウ属最後の一種。
『キツネメネジリンボウ』。
ちょっと深めの26m以深。
だいぶエンリッチドエアダイバーが増えてきたし、チャンスが広がって期待大です。

どんどん行きましょう。
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
クビアカハゼ。
浅場で多く見つかるので、身体から窒素を抜きながら最後に遊ぶのにモッテコイ。
適度にシャイなので、ハゼ類撮影の格好の練習台です。
二人寄り添ってたり、V字になってたり、とってもフォトジェニックです。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ハチマキダテハゼ
伊豆にも多くいるダテハゼの亜種で、目を通る黒帯がハチマキっぽい。
身体に対して目が大きく、色も淡くて美しいハゼちゃんです。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ホタテツノハゼは、別名『猫のう○こ』。
何に役立ってるのかナゾの大きな背びれが特徴。
これが開いてないと、ポテッと道端に落ちた猫のう○このよう。
ヒレが開いた所を激写するために、辛抱強く待ちます。
なかなか駆け引きの楽しいハゼ。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
日本的で美しい『アケボノハゼ』。
通常は30m後半に生息しますが、柏島では20m以浅で見れて、とっても身体に優しい。
周りに見所の多いポイントで見れるから、撮影待ちも退屈しないのだ!

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
シロオビハゼ。
一瞬「オドリハゼ!」と思わせるハゼ好き泣かせな子。
いや、この子もそうそう見れませんけどね…
エビとセットでパチリ。
浅場にいるから身体に優しい。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
スジクロユリハゼ。
ヒレを全開してくれないと、ただの『棒』。
柏島では40m以内でギリギリ見れるが、他では50m…60m…
いやいやいやいや、命に関わりますって。
やっと思い通りに撮れた一枚。
でも、次はペアで撮りたい。
人間の欲望は際限がないのです。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ヒレの形状カラーが炎を纏ったように見える『ホムラハゼ』。
これを見たくて何度通ったことか…
『ジョイフル本田千葉ニュータウン店』の海水魚コーナーにいることを聞かされた時は膝から落ちましたよ。
で、でもでも!フィールドで見ることが大事!うん!

他にも…

マツバギンポ
そのまつげはどこでお手入れを??
安全停止にちょうどいい水深にいらっしゃる。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
タテジマキンチャクダイの幼魚。
よーく見ちゃうと目が回る。
成魚は縦のストライプで、全く配色が違う。
子供の時が可愛いのは生物共通か…

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ミナミハコフグの幼魚。
これもまた幼魚が…(以下同文)

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
マダラタルミの幼魚
(以下同文)

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
キレイなスズメダイも多く、時間たっぷりでしっかり相手できる!

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
いつも笑ってるミナミギンポ。
背景や周りを工夫して撮ろう!って思わせてくれるのが柏島マジック。

なんとも雅な
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ニシキフウライウオ。
キレイな背景を添えて。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
激レア生物も普通種と思わせてくれる。
ボロは着てても心は錦。
ボロカサゴ

対照的に
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
チェック柄のオシャレさん。
背景のウミウチワと相まって絵になる♪

同じようなウミウチワに住むレア&人気生物といえば
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ピグミーシーホース。
ここではペアで!
擬態上手ですよ!ちゃんと二匹見つかったかな??

ブサイクかわいい激レアちゃん
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
カエルアンコウモドキ。
ここ以外で会ったことない。
でも、どう撮ったらいいのか?正解がわからなかったな…

柏島の固有種といっても過言ではない
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
イナズマヒカリイシモチ
彼らも上手に撮り直したい!

「ハナダイに魅了されると命を落とす」
格言の元になっているハナダイ
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
オシャレハナダイ。
ここには書けない水深。
ダイブコンピューターを見てはいけない。
いや、見なくちゃダメ。

魚類以外も
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
もちろん、ウミウシも!
触覚がピョコピンってかわいいイガグリウミウシ

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
腕試しにぴったりの透明エビはピント合わせの練習台。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
高確率で見つかるゼブラガニは、卵持ちだと当たりを引いた気分。

以外と撮影難易度の高い
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ガンガゼエビ
ガンガゼカクレエビより遭遇率が格段に低い。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
甲羅の大きさで2mm×2匹のナマコマルガザミのベビーズ。
同じところに住んでるはずなのに、なぜかカラーリングが違う。

ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
本体が見えて来ない…サンゴモエビ。これの『バカボンバージョン』をキレイに撮りたい!

どこの海でも人気者
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
フリソデエビ。
比較的浅い場所にいることが多く、減圧にぴったり!

これも浅場。
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
卵持ちのイソコンペイトウガニ。
こいつはデカかったな。
そして、卵持ち。

これもまたアイドル的存在。
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
ハサミにイソギンチャクを持って威嚇するキンチャクガニ。
イソギンチャクを振っている姿はまるでチアリーダー。

ネーミングセンスの塊
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
オランウータンクラブ。

視力検査レベルのヨコエビ
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
どっから見つけてくるんだろう…

こうやって見ると、マクロなイメージが強い四国柏島。
でも
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
浅場の水底はテーブルサンゴに覆われ、高い透明度の中をキビナゴが乱舞し、カンパチ、ブリも回ってくるワイドな海でもあるのです。

そんあなこんなで盛り沢山な海は、
目に見えない危険をはらんでいます。
楽しすぎて…
ハッと気づくと
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
窒素パンパン。
11mまで上がってきてるのに残り4分って…
(上の12本のバーが身体各部の窒素量上のラインに達するとアウトです)

さらに浅場に戻ってきても
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
特に右側ヤバめ。
柏島を本気で潜るには、ちゃんとコンピューターで窒素量を管理できることが必須条件です。

ご飯は
ダイビングプロショップブルーサブの四国柏島ダイビングツアー
本場の美味しいカツオが待っています。
(てんちょーにはわからんけど、酒も美味いらしい)

ツアー最終日は四国をみっちり観光します。
十余年の四国ツアーの経験で、最終日の遊びはお任せください。
松山周りなら道後温泉でまったりするもよし!
高知でカツオ三昧&龍馬観光するもよし!
香川でうどん巡りするもよし!
徳島へ渦潮を見に行くもよし!

四国は海も陸もグルメも3拍子揃った海なんです。
もうすぐ9月の四国柏島ツアーの募集を開始します。
ご都合の合う方、ぜひご参加くださいね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。