コンデジとミラーレスと一眼と

こんにちは、ブルーサブてんちょーです。
昔からそうですが、結局のところ、『全部自分でやらないと気が済まない』性格。
とってもややこしい性格なのですが、今回はカメラで気になっちゃったので、実際にやってみました。

ブルーサブでは、カメラを始める方には、ある程度のカメラ知識をつけてもらうセミナーを開催しています。
そこで出てくる問題の一つが『ISO感度』問題。

スマホカメラや普通のカメラでもISOオートで撮っている間は気にしたこともない方が多い中、出来上がりのクオリティに大きな差が出ます。

基本的に、ブルーサブでは、

「ISOは限りなく低い数値で!足りない光はストロボ・ライトで!」

と言っています。
が、実際にどこまで許容できるかはユーザー次第なので、
カメラごとに条件をできるだけ整えて実際に試してみました。

【使用カメラ】
一眼レフ:Nikon D800 105マクロ
ミラーレス:Panasonic GX7MK3 30マクロ(60mm相当)
コンパクトデジカメ:OLYMPUS TG-5 顕微鏡モード

【撮影条件】
・蛍光灯下(昼光色)
・撮影モード:プログラム(TGは顕微鏡)
・撮影距離:同じくらいの大きさで撮れるくらい
・ISOだけを変えて撮る

ゴリゴリの検証ではなく、あくまでも一般ダイバーが持てるレベルの装備で撮ることを想定し、
「んなもん低いISOで撮った方が良いに決まってんじゃん」
というそもそも論は置いといて。
ナイトダイビングやフローナイトでどこまで許容できるかのレベルも個々にあると思うので、参考程度にって感じです。

見るポイントは
・白い線と赤い点の具合
・黄色い部分と黒い部分のエッヂ
がわかりやすいです。
拡大すると各写真の細部がみれるので、皆さんの撮影時、ISO許容感度の参考になれば幸いです。

ブルーサブスタッフのAYA、TOMOMIにも、どこのISOまでが自分の許容範囲か聞いてみましたが、全員の許容範囲が違い、これもまた面白かったです。
カメラのジャンルによる違いを知ることができる面白い結果になりました。

【OLYMPUS TG-5】

TG-5 ISO100
TG-5 ISO200
TG-5 ISO400
TG-5 ISO800
TG-5 ISO1600
TG-5 ISO3200
TG-5 ISO6400
TG-5 ISO12800

【Panasonic GX7MK3】

GX7MK3 ISO200
GX7MK3 ISO400
GX7MK3 ISO800
GX7MK3 ISO1600
GX7MK3 ISO3200
GX7MK3 ISO6400
GX7MK3 ISO12800
GX7MK3 ISO25600

【Nikon D800】

D800 ISO50相当
D800 ISO100
D800 ISO200
D800 ISO400
D800 ISO800
D800 ISO1600
D800 ISO3200
D800 ISO6400
D800 ISO12800
D800 ISO25600
>【無料相談会】好評開催中!

【無料相談会】好評開催中!

「他のお店ではこんなこと言われたけど?」
「泳げないんですが…」
「結局いくらかかるの?」
などなど、皆様のご質問に全力でお答えします!!

CTR IMG