BCDをガッツリ修理の日

BSてんちょーです。
夏空が続いて、器材がよく乾きます。
そんな折、お客様からLINEが送られてきました。

BCのこの部分が折れてるんですが、このまま使ってたらマズいですかね?
 

当然、👍して
「全然大丈夫っスよ!」
などとは言えるわけもなく、メーカーに
「保守部品としてハーネスだけ注文できますか?」
とお伺いを立てた所、
「保守部品に指定されていないので、ハーネスだけの受注ができない」
とのこと。
正直、
「え、マジすか…んなアホな…」
と思いましたが、
「ってことは、俺様の出番か…」
とワクワクしてきちゃう自分もいます。

完全に折れちゃうと直すことがより難しくなっちゃうので、
すぐにお客様にBCDを持ちこんでもらい修理を開始することに。

こーゆーのをシコシコ直すのも、てんちょー的に大好きな仕事なんです。

まず折れた場所をキレイに直します。
ただの接着剤での接着では当然強度を保てないので、
仮止め接着して削って、特殊パテ盛りしてさらに削って慣らしてヤスって…
この辺は得意分野なのでサクサク作業が進みます。

だいぶキレイに直りましたが、
強度的にまだちょっと不安が残ります。
そこで…
どーせならガッツリやってやろう!ということで…

補強をする場所の各場所のサイズを採寸し、

ドキドキしつつも穴を開け、

補強パーツをアルミ材から切り出して製作。

表と裏から当てがい、
低頭ステンレスネジと、ステンレス袋ナット、ステンレススプリングワッシャー、ロックタイトで固定します。
これだけガッチリ固定されていればもう壊れないでしょう。
多分…

器材や機材、何か困ったことがあったら、お気軽にご相談くださいませ〜

目次
閉じる