ライセンスコースの流れ

1)資料請求


まずは資料をご請求ください。
火曜日を除き、夕方5時までなら、即日発送いたします。
ダイビングショップ<ブルーサブ >資料請求

2)無料の事前説明会(1時間程度)

ブルーサブ店頭にて、ダイビングのこと、講習のこと、ダイビング器材のこと…
ダイビングに関わる全てを詳しくご案内します。
わからないことや疑問点に関しては、この場でお気軽にご相談ください。
また、店内やスタッフの雰囲気もご覧いただければと思います。

3)お申し込み(30分程度)

事前説明会終了後、ご納得いただけましたら、PADI既定の書式にご記入、ご署名を頂きお申し込みとなります。
お申し込み時、講習費用(¥39,000+消費税)もしくは、お申し込み金(¥10,000)のご入金をお願いいたします。
正式なお申し込み後、教材をお渡しいたします。
担当スタッフと学科・プールの日程、海洋講習の日程を決めましょう。

4)学科・プール講習(1日)

まず午前中は、店頭で座学を行います。
PADIで決められたカリキュラムはもちろんですが、実際に重要なのは、その場に応じた応用力です。
海外でのダイビングに合わせて作られたPADIマニュアルでは、日本のダイビングシーンに合いません。
日本のシーンに合わせたダイビングの仕方や、マニュアルでは足りない部分を座学で補足します。
今後の個々のダイビング活動の夢を実現するための知識を深めましょう!

午後はプール講習です。
ブルーサブでは、必ず『プール講習』を行なっています。
座学で学んだ知識を実際に行ってみます。
ブルーサブで使用するプールはスポーツクラブのダイビング専用プールです。
室内も水温も一定の環境だから、季節を問わずにじっくり講習が行えます。
ここではじめてダイビング器材を身につける方、水中で呼吸をする方も多く、『プール』という環境でも、水中で呼吸ができることに感動している方も多くいます。
特につまづきやすい技術に関しては、お客様の体格、顔立ちなどによって、スタッフが個々にあったマスター方法を提案します。
プール講習では、たくさん失敗して学びましょう!

5)海洋講習(1日)

いよいよ海へ!
学科、プールで学んだ内容を海で実践します。
開催地は真鶴半島、もしくは沼津方面です。(※)
東京から2時間足らずの場所ですが、みなさんが想像している以上に、水中で生物に出会えますよ!
目の前を通り過ぎる生物たちに、『講習』であることを忘れてしまうほど!
関東の海にたくましく生きる生物たちを、経験豊富なブルーサブインストラクターが面白おかしくご紹介します!
東京帰着後、ダイビングの記録付け、申請作業をしてダイバー認定となります。
※開催地は海況等により開催日ごとに変わります。
ダイビングショップ<ブルーサブ >資料請求


詳細は弊社店頭スタッフまでお問い合わせください。